知っておくべき事

うつ病の薬で知っておくと良い事。

うつ病の治療で使用されるのは、抗うつの薬、1種類で治療する事が基本です。 ですが、症状に応じで処方される薬が違ってくる場合もあります。 抗うつ薬は、うつ病のお薬です。精神病や、うつ病の症状で使われます。 他に、睡眠導入剤は不眠の時に使われます。緩和安定剤は、安定剤で不安やイライラ、肩こりや腰痛の症状の時に使われます。 そして、抗うつ薬だけでは十分な効果が得られない場合に使う薬もあります。 気分安定や抗てんかんのお薬は、うつ病がひどく治りにくい時に使われます。 副作用などの心配もありますが、まず起こることは少ないです。医師に説明をしっかり聞くことが必要です。 十分納得した上で、指示された通りに服用し、自分の判断で中止しないように服用することが大事です。

服用することでのメリット。

うつ病の治療で重要なのは、休養です。治療には時間もかかり再発しやすい病気です。 薬は副作用もあり心配な方もいらっしゃるとは思いまが、適切な処方によって治療する必要がある病気です。 抗うつ薬は、すぐ効くのではなく、徐々に症状が緩和されます。 副作用で吐き気などもある場合もありますが、飲み始めに現れる症状です。 規則正しく、気長に指示された通りに服用します。 自分の判断で中止してしまうのは良くないことです。 治療には時間がかかりますが、決められた通り服用することです。 なにより周りの方の理解が必要です。医師に症状など多くの情報を伝えるためなどに、一緒に付き添うことです。 そして、きちんと薬を服用できるように配慮が必要です。 普段と変わらない態度で接してあげて、気長に見守ってあげるのが大切です。