併用して治す

抗うつ剤、抗不安剤、睡眠薬等の使用が主流方法となっています。

治療薬としては主に抗うつ剤が使用されています。抗うつ剤には三環系抗うつ剤、四環系抗うつ剤、SSRI、SNRI、NaSSAといった種類があります。後者に行くほど新しく開発されたものですが、古い型の三環系抗うつ剤も未だ使われている傾向にあります。その他、抗不安剤も治療に使われます。抗うつ剤は効果に時間がかかることが多いため、その間に不安症状で苦しむことがあれば、抗不安剤が使用されます。また、不眠症状も認められる場合は睡眠剤を使用することもあります。その他、抗うつ剤で効果が認められない場合は気分安定薬が使われることがあります。 他にも様々な薬が治療にて使われていますが、以上のようなものが現在代表的なうつ病の治療に使用されまています。

診療は必須で、別の医療機関に意見を求めることも時には必要となります。

前記の薬を入手するには勿論心療内科・神経科等に診療にかかることが挙げられます。しかし、うつ病の治療薬は個人によって合う合わないがあるため、安易にうつ病の人から薬を譲り受けることはやめましょう。また、うつ病の診断は本人または家族等の同伴者による口述によって決められることが多いため、誤診も起こり得ます。そのため、自分に合わない薬を処方されることも考えられるため、別の医療機関にかかり、セカンドオピニオンを仰ぐことも時には重要となってきます。 しかし、うつ病の薬は費用が高い場合も多いため、自立支援医療制度やジェネリック薬品を使用するなど費用面における工夫をして、自分に合う薬を見つけていくことも大切となります。